サンリン自転車生活社

自転車で商売すると売れすぎるらしい。なぜか?

仕事系自転車のサンリン自転車生活社を始める訳 text by 三輪ノブヨシ

RIMG0012.JPG

私が自転車でスウィーツを売る若い女性に会ったのはもう6、7年前だ。吉祥寺の大正通りを友人に作ってもらった木箱を自分でペイントした自転車に積んで走っていて、お客さんに呼び止められたところだった。『今日は何焼いたの?』とお客さんが聞く。なんと平和で幸せな感じなのだろう!『売れすぎて困るでしょう?』と私が聞くと、一日に数回お菓子の補充をするために家に帰るのだという。『自分で作っているだけなので、そんなに作れないんですけど、大好きなお菓子作りができて、みなさんに喜んでもらえるので、とっても楽しいです。』と彼女は言う。まさに小さな幸せを運ぶ少女だ。
RIMG0443.JPG彼女のように自分で作って自分で売るという、とても基本的で無理のない幸せなやり方は確実に広がっている。吉祥寺のジブリ美術館の前で手作り玄米ワッフルを売る女性。自分のペースで自分らしく生きる方法はないかと、自転車での商売を始めたという。『一個200円のワッフルだけではなくて、やさしい気持ちもいっしょに売りたいと思っています。安い原価で高く売るというのが商売だけど、それだとちょっと悪いことをしている気持ちになってしまうんです。本当に身体にいい物を安く提供して、そこに葛藤がないことが精神的にもいいんです。懐はちょっと寂しいかもしれないけど、心は愛情でいっぱい、みたいなスタイルで、必要以上に儲からなくてもちゃんと食べていけて、自分らしい生き方をしていきたいんです。この仕事を通して、見返りを求めないで優しくしてくれる人達、慈しみの気持ちというか、そういう温かい気持ちを勉強した気がします。しばらくはこのスタイルでやれるところまでやりたいですね。』

もう一人、吉祥寺でブラウニーを売る男性。ミニサイクルに自分で作った看板とのぼりを立て、こんなところで?という場所で売っている。一日分をたった30分で売り切る。「すみません。僕これしか作れないんですよ。一人で作ってるんで。自分で作って自分で売りたいんです。他の人に任せたら自分の気持ちが正直にお客さんに伝わらないですから。自分にはこのやり方が一番だと思ってます。自分だけで完結していると、気を使わなくていいんで楽なんです。」こうして立ち話をしていても、お客さんが次々に来てしまう。その都度丁寧に、売り切れですと頭を下げる。「皆さんに支えられてるという実感もあって、いろんなものを皆さんから逆にいただいている感じです。買えなかったお客さんには申し訳ないんですけけど。自分としては充分生活できればよくって、無理して多く売るつもりはないんです。」

自転車でコミュニケーションを楽しみながら売る。がんばっていることもちゃんと伝わるし、謙虚さも自然に伝わる。そして徐々に支持されてることを自分でも感じられるようになる。そうなればリピーターも初めての人も、出会えたらラッキーだと思ってくれて、つい買いたくなってしまう。そんな移動式のお店を街中に! 自転車で働きたい人と巡り会いながらゆっくりと丁寧に、仕事用の三輪自転車を増やしていきたい。そんな自転車を見たら声を掛けてください。生活がちょっと楽しくなるはずですから。

RIMG0021.JPG●フレームは改造に適したクロモリ。屋根を付けたりの改造もオプション
●ボックス部も加工が簡単な合板。色の変更、形の変更もオプションでOK
●ボックスサイズ内寸約59,5cm×95cm 深さは44cmから28cm
●全長約226cm 幅約90cm 高さ約110cm
●最大積載量約100kg
●タイヤは前24×2,125 後26×2,125の極太タイヤで楽々、頑丈。ケンダ製
●ペダルも幅が広く頑丈
●サドルも幅の広い安定した乗り心地
●前ブレーキは左右両輪ディスクブレーキで安心
●後ブレーキはシマノローラーブレーキで耐久製と静粛性を考え、7段変速で上り坂も楽に。クランクギア(前ギア)32T、リアスプロケット(後ギア)14T~34Tで女性にも軽くこげる
●リムやシートポスト、踏み込むクランク等の部品はアルミ軽合金で錆びにくく丈夫
●Price 個人(インディペンデント)で何かをはじめる方16.5万円〜 。企業や団体用 20万円〜。
●納期、オプションなどご相談に応じます

連絡先
〠359-0002 埼玉県所沢市中富1033 サンリン自転車生活社 担当ミワ
☎ 090-1268-4443 nmiwa007@yahoo.co.jp